PATA Logo
ホーム PATAについて 事務局 リンク お問い合わせ
PATA Japan Chapter
•  ENGLISH  •



↓日本支部会員↓
政府機関
キャリアー
旅行会社
ホテル
アトラクション /
PR&マーケティング /
その他
団体



ニュース
イベント
フォトギャラリー
ブログ
メンバーセクション
PATA日本支部事務局ニュースレター
Vol. 35 - December 2010

PATA日本支部は、こんなメリットが一杯です!
ニュースレター
プリントアウト用

2011年PATA日本支部新春講演会・懇親会のお知らせ

グローバルな視点から捉えた観光動向とその対応策に関する情報提供及び会員相互の情報交換の場として例年開催しているPATA新春講演会を、同じく国際観光機関ASTA(全米旅行業協会)日本支部との共催にて、開催します。

新春講演会では、PATA本部とVISAワールドワイド社と共同で実施された「訪日観光旅行の実態調査2010」の結果をもとに、近年の訪日旅行者の旅行形態や世界マーケットの概況、さらには今後の展望も含めた訪日観光の動向につき、VISAワールドワイド独自の見解に基づき講演を頂く予定です。

詳細なご案内状は追ってお送りさせて頂きます。

page top

日本支部理事会報告

去る10月26日(火)に、全日空会議室にておいて本年度第二回目の日本支部理事会を開催いたしました。主な決議事項は以下の通りです。

1)関西圏におけるPATA日本支部イベントの実施
関西圏(大阪・京都)における会員獲得、連携強化を目的に、セミナー及び懇親会を実施することが採択された。セミナー内容は、銀聯カード日本マーケット担当者による講演を予定。(銀聯カードは、PATA Premier Memberとして入会を検討中で、今後も中国旅行マーケットに関する情報提供を含め協力を要請中。)実施は、当初来年1月を予定していたが、4月以降、来年度事業として開催することとなった。なお、関西支局は1999年までは約40社・団体がPATA日本支部関西支局会員として加盟していたが、現在関西圏の会員は5社のみとなっている。

2)中国からの訪日旅行の現状と展望に関する意見交換
理事会に先立ち開催された中連協のセミナーの報告を踏まえ、中国からの訪日旅行に関する意見交換がなされた。 尖閣諸島問題以降、今後も流動的な状況が続くと考えられるが、中国マーケットだけに限らず、欧  
米も含めた各国のマーケットに対し、公平に、日本の観光メッセージを発信していくことの必要性が確認された。また、各理事メンバーから、現状及び被害状況に関する報告があったが、中国マーケットの落ち込みの他にも、『円高』の問題が大きいという報告が多数あった。
* 尖閣問題に関連した訪日旅行への影響につき、10月6日付けで、PATA本部ニュースに掲載されました。http://www.pata.org/news/china-issues-travel-alert-against-japan  
このニュースに対しては、観光庁及びJNTOとも協議の上、『日本はいつでも中国からの訪日旅行者を歓迎します』という趣旨のコメントを投稿、PATA本部に対して掲載をお願いし、以下の通り掲載されました。http://www.pata.org/news/japan-welcomes-chinese-tourists

 (3) 新規会員獲得常設委員会
PATA日本支部の強化を目的に、新規会員を募る為の常設委員会が設置された。
必要に応じ常設委員会を開催し、候補会員の選定や可能性などにつき情報交換や協議を行うと同時に、今後は、観光庁のPATA入会も視野に入れながら、旅行会社、ホテルを中心にメンバー増強を図っていきたい。本常設委員会は、今年度だけの活動に限らず、中長期的にメンバーの増強を図っていくこととする。なお、常設委員会メンバーは以下の通りで、第一回目委員会が11月26日(金)帝国ホテルで開催された。
<常設委員会メンバー>
足立 成雄(日本支部会長・トップツアー(株)経営企画部 インバウンド事業推進部長) 
米村 道章(日本支部理事・東日観光株式会社 代表取締役社長)
高橋 修造(日本支部理事・ホテルニューオータニ大阪総支配人室長)
定保 英弥(日本支部理事・帝国ホテル取締役常務執行役員東京総支配人)
古関 孝子(PATA日本支部事務局長)

page top

PATA60周年記念総会(2011年4月・北京)

PATA60周年記念総会1951年、PATAがハワイで誕生してから来年で60周年を迎えることとなっており、その記念すべき60周年総会が、以下の通り北京にて開催されます。設立当初のオリジナルメンバーでもあった日本(当時加盟国は8カ国、現在は40カ国)としては、日本からのデリゲート・ミッションへの参加を呼び掛けております。

  • 開催期間:2011年4月9日(土)〜12日(火)
  • チャイナ・ワールド・ホテル北京
  • テーマ:『Building Tourism. Past. Present. Progressive』
  • 予定者:1,000名 
      *PATA60周年記念ウェブサイトはこちら。→ http://www.pata.org/pata60
page top

PATA日本支部ウェブサイト『メンバー・セクション』の情報について

PATA日本支部ウェブサイト『メンバー・セクション』に、以下のマーケティング資料を新たに掲載しておりますので、是非、ご登録の上、ご活用下さい。
登録は、こちら。→ http://www.patajapan.com/member.html 

1) Profile of Chinese Outbound Traveler and New Government Regulations
    『中国旅行者の傾向と新たな中国の規制について』
     Dr. WANG Xinjun, Managing Director, Ivy Alliance Tourism Consulting Co. Ltd.

2)Working with Chinese Travel Trade, Media, and Efforts of PATA China
    『中国旅行業界及びメディアとの連携に関するPATA中国地域本部の活動について』
     Kate Chang, Regional Director for China, Pacific Asia Travel Association (PATA)

3)The China and Asia Meetings Industry Research Report 2010
    『中国及びアジアのMICEに関する調査報告書』

page top
ニュースレター
2017
10月

2016
10月

2015
5月
2月

2014
10月
8月

2013
10月
8月
2月

2012
10月
5月

2011
12月
9月
4月

2010
12月
10月
2月

2009
10月
7月
4月
1月

2008
12月
9月
8月
6月
4月
3月
2月

2007
10月
2月

2006
9月
6月
2月

2005
11月
8月
5月
2月

2004
11月
7月
6月
4月
3月
2月
1月

2003
12月
11月
10月
9月


PATA日本支部は、こんなメリットが一杯です!


ホーム | PATAについて | 事務局 | リンク | お問い合わせ

© 2003 - PATA Japan Chapter
Optimized for IE 6+. Javascript.
Design/Hosting - Include, Ltd / Webmaster