PATA Logo
ホーム PATAについて 事務局 リンク お問い合わせ
PATA Japan Chapter
•  ENGLISH  •



↓日本支部会員↓
政府機関
キャリアー
旅行会社
ホテル
アトラクション /
PR&マーケティング /
その他
団体



ニュース
イベント
フォトギャラリー
ブログ
メンバーセクション
PATA日本支部事務局ニュースレター
Vol. 41 - February 2013

PATA日本支部は、こんなメリットが一杯です!
ニュースレター
プリントアウト用

PATA日本支部年末セミナー及び忘年会報告

昨年の12月20日(木)、JATA会議室において(株)日本政策投資銀行 地域企画部(東北復興支援室兼務)の小林 賢弘氏を講師に迎え、「情報交換観光セミナー」を開催しました。冒頭には、来賓として御参加頂いた観光庁の加藤審議官によるご挨拶と今後の観光政策に関する説明も行われました。 小林氏によるセミナーでは、今後のインバウンド事業の方向性を含めた数々のヒントとともに、国別の詳細なデータを基にした解説を行って頂きました。国内宿泊観光市場の状況、国内宿泊需要の見通し、訪日外国人旅行者の見通しなどの他、アジア・マーケットにおける訪日外国人旅行者の意識調査に関する報告に関する資料は、こちらからダウンロード頂けます。

なお、セミナー終了後は忘年会を兼ねた年末懇親会も開催され、42名の方にご参加頂きました。
PATA日本支部では、今後も定期的に「情報交換セミナー」を開催していく予定です。

JTBは、昨年に引き続き4ブース商談を展開
(株)日本政策投資銀行の小林氏
JTBは、昨年に引き続き4ブース商談を展開
懇親会にも御出席頂いた観光庁の加藤審議官
page top

2013年PATA日本支部新年会報告

去る1月23日(水)、昨年当支部に入会された屋形船「晴海屋」様の御協力のもと、屋形船貸し切りによるPATA日本支部新年会を開催しました。ご参加頂いた25名の支部会員の中には、船上で車座になって真剣に情報交換する姿も見られ、今までにない親密な懇談会となりました。晴海屋さんのお食事はもちろん、人気のバイリンガル女性船頭である真野さんのガイドやホスピタリティは素晴らしく、今後、訪日外国人旅行を扱う海外のホールセラーや旅行会社などにもPATAネットワークを通じてご案内していきたいと思います。晴海屋様、ありがとうございました。

2013年PATA日本支部新年会報告 2013年PATA日本支部新年会報告
2013年PATA日本支部新年会報告
page top

PATAノルウェー支部の日本研修旅行実施について

この度、PATAノルウェー支部からの協力依頼により、本年5月10日〜5月14日(4泊5日)の日程にて、東京及び関西圏における宿泊施設(ホテル)や観光地の視察を中心とした日本研修旅行を実施することとなりました。参加者は12名を予定しておりますが、航空券については、すでにKLMから航空券供与の協力を得ており、PATA日本支部としては、宿泊及びランドの手配を行うこととなっています。宿泊先としては今回特別割引料金をご提示頂いたホテルオークラ東京(2泊)、ホテルニューオータニ大阪(1泊)とパークロイヤル・ザ・京都(一泊)を予定しております。また、移動や観光に伴うバスの手配やガイドの手配につきましては、(株)JTBグローバル・マーケティング&トラベルに全面的な御協力を頂いた他、東日観光(株)にも各種アドバイスを頂きました。改めて御礼申し上げます。
なお、5月10日(金)には東京で、そして5月12日(日)には大阪でPATA日本支部主催の歓迎レセプションを開催する予定です。また、ホテル会員様で施設の視察を御希望の場合は、事務局までご連絡頂ければ幸いです。

PATAノルウェー支部(http://www.pata.no/)は、会員数130ほどの中堅支部で、アウトバウンド事業を積極的に行っており、アジア方面への送客に熱心なエージェント及びホールセラー会員も数多く含まれております。今回の研修旅行参加者12名につきましては、KLMとも相談の上、有力なエージェント及びホールセラーの代表/担当者を人選する予定です。また、ノルウェー支部は、ノルディック支部(デンマーク、スウェーデン、フィンランド)とも緊密な関係にあり、アジア・マーケットにおける情報の共有も行っております。ノルウェー自体からの訪日外客数はそれほど多くはありませんが、今後、ノルディック地方からの訪日外客数の増加には期待が寄せられています。本事業につきましては、随時進捗状況につき御連絡させて頂きます。また、今後はこのような支部間の連携事業を積極的に促進し、支部会員の皆様のビジネスに直結するような形の事業を展開していきたいと考えております。

page top

東日本大震災津波到達の石碑プロジェクト報告

東日本大震災及び津波被害に対し、昨年PATAニューイングランド支部(ボストン)からPATA日本支部へ譲渡された義援金の一部を「東日本大震災津波到達の石碑プロジェクト」へ充当させて頂きましたが、この度、PATAの石碑が無事建立いたしました。詳細は、こちらをご覧下さい。

建立場所は、「宮城県亘理町吉田字流 浜吉田駅」前です。地元の方々にも頻繁に利用されてきたこの駅も津波により壊滅的な被害を受けましたが、改修工事を終え、今春には再オープン予定とのことです。今回建立された石碑が、防災意識の風化を防ぎ、犠牲者の鎮魂となることを願っています。

東日本大震災津波到達の石碑プロジェクト報告 <石碑建立の目的>

東日本大震災で亡くなられた方々への鎮魂と慰霊の意を表すこと。」
「津波の大きさを後世に伝え、意識の風化を防ぎ警鐘へ繋げること。」
「被災地で懸命に活動して下さった人々への敬意を表すこと。」
page top

新会員のご紹介

今年に入り、以下の2社がPATA日本支部に入会頂きました。

  • 株式会社オリエンタルコンサルタンツ
    〒151-0071 渋谷区本町3−12−1 住友不動産西新宿ビル6号館
    代表者: 総合マネジメント事業部次長 大西 康弘
    PATA担当者: 総合マネジメント事業部 浅野 公宏
    TEL 03-6311-7556 FAX 03-6311-8014
    URL http://www.oriconsul.co.jp
  • トリップアドバイザー株式会社
    〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1−10−11 フジワラビルディング4F
    代表者: 代表取締役 山本 考伸
    PATA担当者: シニアマネジャー 大津 陽子
    URL http://www.tripadvisor.jp/
page top

今後の主要イベント
  • PATA日本支部総会
    日程:2013年5月下旬(予定)
page top

トリップアドバイザー調査結果報告

トリップアドバイザー株式会社

今回、PATA日本支部に入会頂きましたトリップアドバイザー(株)は、皆様すでに御存知の通り、世界中の旅行者からの観光地・都市・ホテルの口コミ満載をした世界最大の旅行関連サイト (月間アクセス数:30カ国利用者6,000万人)を運営しています。
世界各国の旅行者から圧倒的な支持と影響力を集めており、外国訪日客もかなりの割合でこちらのサイトを利用しています。トリップアドバイザー本社が、戦略パートナーとしてPATA本部に入会されたのを機に、日本支部への入会もお申し込み頂きました。

先日、トリップアドバイザーでは、世界中の主要都市を対象とした「都市調査」を行った結果、東京が複数の項目で上位にランクインする結果となりました!(回答者数:75,000人)

 

タクシーサ―ビス 公共交通機関 街の清潔さ 街の安全性 人々の親切さ
1位 東京 東京 東京 東京 カンクーン
2位 シンガポール チューリッヒ シンガポール シンガポール 東京
3位 ドバイ ミュンヘン チューリッヒ ドゥブロブニク リスボン
4位 ダブリン ウィーン ウィーン チューリッヒ イスタンブール
5位 ロンドン シンガポール ストックホルム ウィーン ケープタウン
6位 カンクーン 香港 ドバイ ストックホルム ドゥブロブニク
7位 ミュンヘン ストックホルム ドゥブロブニク ドバイ バンコク
8位 ソウル アムステルダム ミュンヘン ソウル プンタカナ
9位 ドゥブロブニク ソウル コペンハーゲン ミュンヘン アムステルダム
10位 バルセロナ パリ プラハ コペンハーゲン コペンハーゲン

近々、トリップアドバイザー(株)日本支社の山本取締役をお招きし、トリップアドバイザーのサイト活用法やその影響力、そして日本関連情報にアクセスしている各国の利用者の状況など関するセミナーを開催する予定です。詳細は、追って御連絡させて頂きます。

page top
ニュースレター
2017
10月

2016
10月

2015
5月
2月

2014
10月
8月

2013
10月
8月
2月

2012
10月
5月

2011
12月
9月
4月

2010
12月
10月
2月

2009
10月
7月
4月
1月

2008
12月
9月
8月
6月
4月
3月
2月

2007
10月
2月

2006
9月
6月
2月

2005
11月
8月
5月
2月

2004
11月
7月
6月
4月
3月
2月
1月

2003
12月
11月
10月
9月


PATA日本支部は、こんなメリットが一杯です!


ホーム | PATAについて | 事務局 | リンク | お問い合わせ

© 2003 - PATA Japan Chapter
Optimized for IE 6+. Javascript.
Design/Hosting - Include, Ltd / Webmaster