【体験談】ヨシケイを半年で辞めた5つの理由を赤裸々に語ります!

「食材宅配サービスと冷凍宅配弁当、どっちが自分の生活スタイルに合ってる?」

「ヨシケイのメリット・デメリットを知りたい」

「実際にヨシケイを使った人の感想を知りたい」

こんなニーズに答えます。

わたしがヨシケイを使ってみようと思ったきっかけは、育休から職場復帰することでした!スーパーへの買い出しや献立を考える手間が省けるといいなと思い、軽い気持ちで始めました。

使ってみて感じたことが色々あったので、ご紹介しますね。

ヨシケイを半年で辞めた5つの理由

結論から言うと、わたしがヨシケイを半年で辞めた理由は次の5つです。

  • 作るのに時間がかかった
  • 家族の食材の好き嫌いに合わせられなかった
  • 配達の時間指定ができない
  • 費用対効果が合わなかった
  • メニューのバリエーションが限定的

それぞれ簡単に説明していきますね。

スマホで簡単!3分で注文できるのも嬉しい◎

※実際に10社以上食べてわかった、本当におすすめできる冷凍弁当宅配!

作るのに時間がかかった

献立を1から考えなくていいことやスーパーへの買い出しの回数が減るといった、時短目的で利用したヨシケイでしたが、付属するレシピを見ながら初めて作る料理は、手際が悪いせいか、ものすごく時間がかかりました。

特に仕事終わりは疲れも溜まっているので、レシピとにらめっこしながらの作業はかなり苦痛で…。平日の夕ご飯は「手際の良さを優先」と決め、ヨシケイを辞めることにしました。

献立〜買い出し〜ご飯作りのトータルで見ると、ヨシケイの方が料理にかける時間は短くて済むかもしれません。それでも疲れた身体で新しいメニューに挑戦する気力が私にはありませんでした(笑)

家族の食材の好き嫌いに合わせられなかった

我が家は、家族4人それぞれに食材の好き嫌いがあります。もちろん全部を合わせる必要がないことは理解しつつも、子どもたちは嫌いなものを平気で残すので、作る側のストレスが溜まっていきました(笑)

例えば、「玉ねぎはみじん切りにして細かくすれば食べるのに、ぶつ切りだと食べてくれない」なんてこと、ありませんか?

野菜炒めで玉ねぎのみじん切りは出来ないように、レシピが決まってると、どうすることも出来ない場面が多々ありました。(いや、料理上手な人なら対策ができるのかもしれないけど…)

レシピ通りに作っては、おかずを残されることを繰り返すうち、ヨシケイを続ける選択肢がなくなっていきました。

配達の時間指定ができない

ヨシケイでは配達の時間指定はできません。

午前10時から午後5時の間で、ヨシケイ側が決めた配達ルートに沿って、順次配達される仕組みです。

「今日は有給休暇をとったから、早めにご飯を準備しよう」とか「子どもが熱を出して1日家にいるから手の空いてる隙にパッと作ってしまいたい」なんていうことは出来ません。(そういう時に限って5時ごろ届いたりする…)

午前10時配達で午後6時帰宅の場合、約8時間もの間、外に食材を置きっぱなしということになります。特に、真夏の暑いときや天候が悪いときは玄関前に置いてある食材が気になって仕方なかったです。

もちろん保冷ケースには入れておいてもらえるのですが、時間の融通が効かないところはわたしにとって大きなデメリットでした。

費用対効果が合わなかった

ヨシケイは食材の調達から配達、食材を使ったレシピまでを受け取れるとあって、当たり前ですが、スーパーで食材を調達するより費用は高いです。

さらに、ヨシケイを利用することによって、全くスーパーへ行かなくて良くなるわけではありません。卵や牛乳、パンなど、ヨシケイでは買えないものが必ず出てくるので、結局、最低でも週1回はスーパーに行っていました。

「献立を考える手間は増えるけど、どっちにしろスーパーへ出向くなら…」こう考えた時、わたしの中にヨシケイを辞めるという選択肢が生まれました。

メニューのバリエーションが限定的

ヨシケイを利用していたのは半年間ですが、ある程度のサイクル(2ヶ月程度)で同じようなメニューが登場するなという印象を受けました。

2ヶ月前に食べたからといって、「もう食べたくない」「飽きた」とまではならなかったのですが、サービスにお金を出している分、メニューの豊富さにも期待していたので、ちょっとがっかりしてしまったのも事実です。

また、アレルギーや食事制限がある場合、選択肢がさらに限られることにも注意が必要です。

<まとめ>手軽さを優先するなら、ナッシュを利用しよう!

今回は、ヨシケイを半年で辞めた5つの理由についてお伝えしました。

半年間ヨシケイを利用してみた率直な感想は、かなり中途半端だということです。

確かに、献立を考える手間や食材を買いに行く頻度は減らせます。でも作る時間は減らないし、食器洗いや片付けの手間も減りません。つまりちょっとだけラクできるって感じです。

一方、ナッシュの冷凍宅配弁当であれば、日時指定でお弁当を受け取れるし、食べる時はレンジでチンだけだし、容器はポイっと捨てるだけでおしまいです。お金を投じて、大幅に家事の時間を短縮するならば、これくらいの時間的メリットが欲しいと思いました。

ナッシュを利用するようになってから、子どもが小さくて本当に忙しい時期は、ナッシュのお弁当を平日週5日、土曜日にスーパーへ行き、土日は自炊というサイクルを回してました。

母として、ご飯を作っていない罪悪感を土日の自炊でカバーしてたって感じです(笑)

今は子どもたちもある程度大きくなってきたので、疲れ果ててご飯を作る気力がない時用に、ナッシュを冷凍庫にストックしています。

ストックがあるだけで、「疲れてる時は無理しない」と自分に優しくなれます。結果、家族にも当たらずに済んでるので、我が家の家庭円満には欠かせないアイテムになってます。

まずはお試しから始めて、ナッシュの使い勝手の良さをぜひ実感してみてくださいね!

スマホで簡単!3分で注文できるのも嬉しい◎

※実際に10社以上食べてわかった、本当におすすめできる冷凍弁当宅配!