Pacific Asia Travel Association - PATA Japan Chapter
ホーム PATAについて 事務局 リンク お問い合わせ
PATA Japan Chapter
•  ENGLISH  •



↓日本支部会員↓
政府機関
キャリアー
旅行会社
ホテル
アトラクション /
PR&マーケティング /
その他
団体



ニュース
イベント
フォトギャラリー

ようこそ、PATA日本支部へ


Facebook Follow us on Facebook!

     
黒澤PATA日本支部会長からの新年メッセージ   <黒澤PATA日本支部会長からの新年メッセージ>

新年あけましておめでとうございます。

COVID-19が世の中に出現してから早くも2年が経過しました。この間、国内外問わずPATAメンバーをはじめ、観光業界の皆様方におかれましては、未曾有の難局を経験されたことと存じます。昨年末から世界的に猛威を振るっているオミクロン株の拡大等を踏まえ、未だ先行き不透明なままの新年を迎えることとなりましたが、以前にも増して医学的、社会的対応力が備わってきていることから、今後は少しずついい方向へと改善してくるものと期待したいところです。

振り返って、昨年はワクチン接種が進んだことに伴い、世界的に先進国を中心として社会経済活動を段階的に取り戻すこととなりました。その一環として無観客でありながらもTokyo2020が開催されたことをはじめとして、国際交流が再開されました。特に欧米ではワクチン接種と陰性証明を条件として移動の規制緩和も進んだことから、域内交流も段階的に活性化される等、徐々にではありますが、ビジネス・観光需要が戻りつつあります。反面、ワクチン接種率が相対的に低いアジア諸国においては、未だ出入国に関する規制が強く、必ずしも十分な国際交流が営める状況とはなっていないことから、回復には時間を要するものと想定されています。

こうした状況の中、日本においてはようやくワクチン接種も進み、10月以降の感染状況も落ち着いていることから、国内の移動・交流が徐々に活性化されてきたのは朗報です。諸外国との感染格差が拡大するに伴い、今後は水際対策が徹底されることと想定されますが、この間国策のGo Toトラベルキャンペーン等もあり国内観光性需要の活性化が見込まれます。

本来ならば、国内における広域移動と各地域の受入に関する許容度も向上し、観光の活性化に向けた「心の免疫力」を備えた上で、訪日インバウンドの受入再開という流れが理想的かと考えられます。しかしながら、昨年の経験や日本国民固有のメンタリティを前提とした世論を踏まえると、諸外国と日本が同時に収束に向かうための条件が整わない限り、本格的な訪日インバウンドや日本からの海外旅行の復活は望み難いのではないかと推察されます。

このように、本格回復までまだまだ予断を許さない状況ではありますが、本年は国内外の感染状況を踏まえた上で、回復に向けた段階的準備段階へと突入するものと思われます。入国時のPCR検査体制や隔離の段階的規制緩和を踏まえたビジネスや観光目的の往来の再開に始まり、特定国との本格的国際交流に至るまでには今しばらく時間を要するかもしれませんが、PATA日本支部としても、状況に照らし合わせてこうした機会を創出すべく、関係諸機関への提言等を通じ、観光復活に向けて活動していく所存です。

また、アフターコロナにおいては、サステナブルツーリズムが加速度的にクローズアップされることが世界的に提唱されています。加えて、IT化の進展と共に、MICEのハイブリッド開催の進展等ツーリズムのあり方も、以前と比較して様々な分野において変化してくるものと想定されています。こうした潮流に後れを取ることなく、PATA本部と連携して新しいツーリズム環境への対応に向けて、前向きに取り組んでいけることができればと考えております。

PATA日本支部の皆様方におかれましては、引き続き試練の状況が続くかもしれませんが、我々を取り巻く環境は明るいツーリズムの未来に向けて確実に進歩しています。そのことを信じて、今年度もPATA本部・各支部との連携のもと、微力ながらツーリズム復活に向けて日本支部の活動をして参りたいと存じます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

令和4年(2022年)1月吉日
PATA日本支部会長 黒澤 信也
(株式会社JTBグローバルマーケティングトラベル代表取締役社長執行役員)



 PATA(Pacific Asia Travel Association: 太平洋アジア観光協会) は、太平洋アジア地域への観光客誘致及び域内交流の活性化を目的に、1951年にハワイで設立された非営利の広域観光団体です。事業本部は米国・サンフランシスコ、運営本部をタイ・バンコックに構え、38カ国の政府会員、65社を超える航空会社のほか、旅行会社、ホテル、アトラクション会社、出版・広告・PR会社等、世界各国の22,000 のメンバーが加盟しております。

 


PATA日本支部は、こんなメリットが一杯です!

 PATA日本支部は、PATA本部及び地域本部と会員間とのコミュニケーションの仲介をはじめ、独自のインバウンド事業、アウトバウンド事業を展開しているほか、PATA会員間のネットワークの構築及びそれを活用したビジネスチャンス構築のための事業を展開しております。事務局は、1962年の設立時より国際観光振興会(前)が担当してきましたが、同会の独立行政法人化を背景に本年初めて民間に移され、新生PATA日本支部としてスタートいたしました。今後のPATA日本支部にどうぞ、ご期待下さい。


  PATA on YouTube

PATA TV


 PATA本部のウェブサイトは、こちら

ホーム | PATAについて | 事務局 | リンク | お問い合わせ

© 2003 - PATA Japan Chapter
Optimized for IE 6+. Javascript.
Design/Hosting - Include, Ltd / Webmaster